Image by Jakob Owens
4.png

Preguntas frecuentes sobre el Derecho de autor

Agradecemos especialmente a la Organización Mundial de la Propiedad Intelectual – OMPI - por todos sus trabajos y textos en defensa del Derecho de Autor y recomendamos visitar y aprender mas en su sitio oficial www.wipo.int

著作権に関数よくある質問

著作権とは何ですか?


​法律用語では、文学作品や芸医術作品に対する創作者の権利を「著作権」と呼んでいます。著作権保護の対象となる作品は書籍、音楽、絵画、彫刻、映画、コンピュータープログラム、データベース、




著作権で保護されるものは?


​法律用語では、文学作品や芸医術作品に対する創作者の権利を「著作権」と呼んでいます。著作権保護の対象となる作品は書籍、音楽、絵画、彫刻、映画、コンピュータープログラム、データベース、広告、地図、技術図面など多岐にわたります。 著作権で保護されるものは? 通常法律では著作権で保護される作品の網羅的なリスト化されていません。しかし、一般論として、世界で一般的に著作権で保護される作品は以下のようなものがあります。 小説、詩、舞台演出、参考文系、新聞記事等の文学作品 ソフトウェアやデータベース 映画、音楽や振り付けなど。 絵画、図面、写真、彫刻などの芸術作品 建築、及び 広告、地図、技術図面 著作権保護の対象となるのは表現のみであり、その発想、手順、操作方法や数学的概念そのものは対象とはなりません。 タイトル、スローガンやロゴなどの要素については、著作者性が十分であるかどうかによって、著作権が及ぶ場合と及ばない場合があります。




著作権ではどのような権利がありますか? 作品著作者はどのような権利がありますか?


著作権には2種類の権利があります。 著作財産権:権利者が第三者による書作物の使用に対して金銭的な補償を得ることができるもの、及び 著作者人格権:著作者の非金銭的利益を保護するもの。 多くの場合、著作権法は、著作財産権の所有者が、著作物の特定の使用を許可または拒否する財産権を有すること、あるいは、場合によっては著作物の使用に対する報酬を受け取ることができることを規定しています。(例:集中管理事業団体より)。 著作財産権の所有者は下記の作物を禁止または許可をすることができます。 印刷出版や録音などのあらゆるな形での作品複製 演劇やミュージカルなどの演出作品 CDやDVDなどの記録作品 ラジオ、ケーブル及びサテライト方などの作品放送 他の言語に翻訳される翻訳作品 脚本化される小説など翻案作品 普遍的に認めれれている著作者人格権の例としては作品の著作者であることを主張する権利や、創作者の評判を損なう可能性のある作品の改変に異議を唱える権利などがあります。




著作権集中管理事業団体とは?


集中管理事業とは権利者に代わって、著作権の利用許諾をしたり、著作権料を微収したり、著作権や著作隣接権を行使する団体のことです。 例えは、ある劇作家が実作品の上演を特定の条件で許可をしたり、若しくはあるミュージシャンが自分の作品をCDに録音することを許したりすることだ出来ます。 しかし、その劇作家やミュージシャン若しくはオーディオビジュアル作品の脚本家やダイレクターは作品の利用を希望される各ラジオ局や劇場、テレビ局やOTTSプラットフォーム(インターネットを通しての放送・送信)と連絡を取り合い、その使用するライセンス契約の交渉をしたり、オーディオビジュアル作品の場合には法律や規則が制定されている国で著作権のための契約を成立させることは不可能である。 そこで、集団権利、特に集中管理事業団体が仲介業者として著作権者に代わって事業を行うことになります。




著作権は登録されますか?


多くの国では、ベルヌ条約の規定により、登録やその他の手続きを必要とせず、自動的に著作権の保護を受けることができます。 従って、多くの国では任意で著作物を登録・預託する制度があり、例えは、所有者や創作に金融取引、販売、護渡など権利に関連する紛争の明確化を促進することに役立ちます。




作品とは?


著作権の文脈では「作品」とは小説、建築物、ソフトウェアや様々な知的創作物を示す言葉として使われています。




©マークは何の意味ですか?創作物に取り入れる必要はありますか?


数年前は、著作権者が著作権の保護を受けるためには一定方式手続きを踏まえなければその保護を受けることができないと法律上で制定されていました。その中には、例えば、著作権を主張していることを示す記号「©」を入れることでした。 現在では、著作権保護に関する手続きを必要とされる国は少なくなり、このようなシンボルマークを使用することは法的な要件とはなくなりました。一方、多くの著作者は作品が著作権によって保護されていることと、より制限の少ないライセンスとは対照的に、全ての保留が保護されていることを強調するために、目につきやすい方法として©マークを表示し続けている。




著作権の保護期間はどれくらいですか?


財産権は国によって期間が異なります。ベルヌ条約の締約国では、著作物の創作者の死後、少なくとも50年とされています。また、国によってはより長い保護期間を定めているものもあります。





著作物の保護

国際的に著作権を保護することはできますか?


まず、ベルヌ条約締約国の場合、著作権保護は自動的に行われます(「著作権は登録するものなのですか?」の項目を参照してください)。それぞれの締約国の国内法には若干のニュアンスの違いはありますが、全体的にはかなりの調和性があります。 ベルヌ条約の締約国でない場合、著作権法の効力は領域内に限定されます。つまり、その法律が制定された国の領土にのみ適用されます。 ベルヌ条約加盟国を見る




ある作品について「ライセンスを付与する」というのは、どういう意味ですか?また、ライセンスはどのように付与されるのですか?


著作物の著作権者は、第三者に対し、著作物の利用を許諾することができます。この利用許諾は「ライセンス」と呼ばれ、代価の支払を伴うこともあれば、無償の場合もあります。当然のことながら、ライセンス契約を交渉する際には、法務の専門家にご相談されることをお勧めします。 放送局、出版社、喫茶店やナイトクラブ等の娯楽施設といったユーザーにライセンスを付与する場合には、集中管理団体に加入するのが一つの良い手と思われます。 集中管理団体は、著作者に代わって、著作物の利用について監視し、ライセンスを交渉し、使用料(ロイヤリティー)を徴収します。音楽や文学作品では、一つの著作物に対し非常に多くの利用者がありうるので、個別に利用許諾を出し、その後の状況について監視するのは、利用者、著作権者の双方にとってわずらわしいので、集中管理団体に任せる傾向が強い言えます。




コンピュータープログラムや携帯アプリを著作権で保護することはできますか?


著作権の制度上は、コンピュータープログラム等のソフトウェアは文学作品と見なされているので、著作権登録しなくても自動的に保護されます。しかし、一部の国々では、コンピュータープログラム等のソフトウェアの著作権は、その他の著作物とは別扱いとなっており、自主登録が必要な場合があります。




著作権登録や寄託はありますか?


協議可能な著作物の国債登録簿はありません。 一般的には、著作権保護は自動的に行われるものであり、登録によって発生するものではないからです。ただし、一部の国々では、著作権を自主的に登録する制度が導入されています。その場合、著作権訴訟になった場合に非常に有効ですので、作品を登録しておくことをお勧めします。 著作権の保護に影響しませんが、当該国で発行された印刷物のサンプルを預けることを義務付けている国です。

こちらからリストを見る詳細については知的財産権事務所にお問い合せ下さい。又は、各国の国家著作権局にお問い合せ下さい。




公開された作品が作者の許可なしに複製された場合はどうすればよいですか?


措置を講じる前に、まず、本当に著作権侵害にあたるかどうか慎重に判断する必要があります(著作権の制限と例外に関する質問を参照してください)。その結果、著作権侵害にあたると思われる場合、まず、その著作権侵害行為の責任者を特定する必要があります。当事者間で和解できない場合、または当事者間で和解すべきでない場合は、裁判所またはその他の当局を通じて、法的に補償を請求することができます。 通常、民事裁判で起訴を起こし、金銭的な補償を得ると共にさらなる侵害を防ぐことができます。しかし、このような取り組みを行う前に、まず、侵害者とされる者に正式な通知をお送り、行為の停止及び補償金の支払いを請求することが推奨され、一部の国では必須となります。 場合によっては、裁判外の紛争解決手続(調停、仲裁、専門家の判断、公平な評価など)のほうが、訴訟よりもシンプルで、迅速かつ安価な解決手段となり得るので、より有効な選択肢かもしれません。 作品が無断複製され、インターネット上でアクセス可能になっている場合には、関連プロバイダに通知し、違法コピーへのアクセスを防止するよう要求することができます。この手続は「通報と削除」手続と呼ばれるものです。 あなたが集中管理事業団体のメンバーであれば、その組織に適切な行動を取るように求めるだけで十分な場合が多いです。集中管理事業団体に加入されたいない場合、自ずから解決に必要な行動を起こすことになります。




作品の著作権は、どのように管理されていますか?集中管理団体とは何ですか?


集中管理団体は、著作者の代わりに、著作物の利用について監視し、ライセンスを交渉し、利用料(ロイヤリティー)を徴収します。音楽や文学作品では、一つの著作物に対し非常に多くの利用者がある場合があり、個別に利用許諾を出し、その後の利用について監視するのは、利用者、著作権者の双方にとってわずらわしいので、集中管理団体に任せる傾向が強いと言えます。




各国の著作権法はどこで検索できますか?


WIPO Lexで、多くの国々や地域の知的財産法制度や知的財産関連の国際条約を簡単に検索することができます。 WIPO Lexコレクションはこちらか検索できます。 また、多くの国や地域の知的財産局がウエブサイトを開設しており国や地域の法律に関する情報も提供しています。 詳しくは、リンク集をご覧ください。 各国・地域の知的財産権庁をご参照





第三者の著作物の利用について

著作権は誰が持つ権利ですか?従業員が職務上創作した作品の著作権は、誰に帰属しますか?


一般論としては、著作物の創作者が著作権者となります。ただし、これには例外があります。例えば、一部の国々では、著作物に関する経済的権利は、創作した時点から、創作者を雇用している使用者(個人又は法人)に帰属します。 その他の国では(アメリカ、カナダ、イギリス、オーストラリア)では、財産権は自動的に雇用者に譲渡されます。




著作権で保護された作品を利用するには、許可が必要ですか?


一般論として、著作権で保護された作品の利用には、利用許諾(ライセンス)または著作権譲渡が必要です。著作物の用途によっては(例えばコンサートでの演奏など)、著作権者ではなく集中管理団体等に利用許諾を申請することになります。 以下の場合、利用許可を申請する必要はありません。 国内法で著作権の制限や例外が設定されている場合があります。その制限や例外に合致する場合、無許可で著作物を利用することができます。 特定の利用条件を定めたライセンスにより、一定の用途の範囲での著作物の利用が認められている場合があります。この場合、ライセンスの条件をよく読み、著作権者がどのような利用を許可し、どのような利用を許可していないのかを正確に把握する必要があります。クリエイティブ・コモンズ・ライセンス、MITライセンス、Mozillaパブリックライセンスなどのパブリック・ライセンスも多く存在しています。 不安な場合、知的財産権担当の弁護士に相談することをお勧めします。




ある作品について、誰が著作権者なのか調べたり連絡を取るにはどうすればよいですか?


大半の国では、著作権の享有にはいかなる手続も必要ないとされているので、著作権者の発見が困難なことがあります。一定の国・地域の特定の作品の著作権者を発見するには、創作者または出版社、集中管理団体、著作物登録制度を運営する組織もしくは著作権関係の公的機関に連絡するのが一番良いでしょう。これらの団体や組織は、著作物の著作権に関する非常に有益なデータベースを持っているかもしれません。 集中管理事業団体は著作物の著作権者から許諾を得るための支援も行っています。




著作権の制限や例外とはどういう意味ですか?


パブリックドメインにない作品であっても、場合によっては、著作者や著作権者に許可を求めたり利用料を支払うことなく、著作品を利用することができます。それは、その著作品の用途が、当該国の国内法による著作権の制限や例外に合致する場合です。著作権の制限や例外として、以下の例を挙げることができます。 作品の引用 時事の報道に関する利用 文字を読むのが困難な障害を持つ人のためのバリアフリーな形式での複製




「フェアユース」とはどういう意味ですか?


国によって法制度は異なり、著作権の制限と例外の具体的なケースを列挙して示している国もあれば、「フェアユース(公正利用)」や「フェアディーリング」として知られる一般条項として規定している国もあります。




ある作品が「パブリックドメイン」であるとは、どういう意味ですか?


ある作品がパブリックドメインである(または「共通善」である)ということは、その作品の著作権者はもはや存在しないことを意味します。これは、一般的に、著作権の保護期間が満了したことによるものです。例えば、ホメロス作の有名な叙事詩「オデュッセイア」の著作権は消滅しており、誰かに許可を得たり利用料を払うことなく利用することができます。一部の国では、著作者が自発的に著作物をパブリックドメインとすることがあります。これは「自主的放棄」と呼ばれています。




インターネット上で公開されている作品は、無料で利用できますか?


ソーシャルメディアやその他インターネット上で公開されている作品はパブリックドメインであり、従って、著作権者の許可なしに誰でも自由に利用できるという誤解が広まっています。 著作権または著作隣接権によって保護されている全ての作品は音楽作品、マルチメディア製品、新聞記事若しくはオーディオビジュアル作品のいずれであっても、その保護期間が有効であれば、紙面上或いはインターネット上で公開されているにも関わらず保護されます。 どのような場合でも、一般的に使用前に権利者の承認を得る必要があります。 一部のウェブサイトには、非営利目的などの特定の用途の場合に限り、コンテンツの利用許可は不要だとするパブリック・ライセンスが含まれています。 ブログやウェブサイトで一般に公開されている文章は、以下の場合を除き、利用できません。 当該ウェブサイトに含まれているパブリック・ライセンスにより、利用が許可されている場合 著作権の制限や例外の対象となっている場合 利用許可を得ている場合 中小企業のウェブサイトであっても、著作権で保護された作品、音声、放送または演奏をサイト内で利用する場合には、利用許可が必要です。




著作隣接権とは何ですか?


著作隣接権とは、著作物の伝達に重要な役割を果たす特定の個人や法人に付与される一連の権利であり、著作権に隣接していますが、別の権利です。一般的に、国内法で著作隣接権が認められているのは、実演家、レコード製作者及び放送事業者です。 これらの個人や法人が作り出す「もの」は、一般的な著作権制度では著作権を伴う創作物とはみなされないものの、著作権に類似する権利に値するだけの創造性や技術的・組織的能力を伴うとみなされるため、このような権利が設定されています。 一部の国々の法律は、隣接権の行使が著作権保護にいかなる影響も与えてはいけないと明確に規定しています。





joel-muniz-XFtMMUuyUUI-unsplash.jpg
17.png